住居を守るリフォーム

三角屋根

住まいを守っている屋根と外壁は、最も風雨や直射日光にさらされている場所ですので、内装より劣化するスピードも早くなってしまいます。
住まいを長持ちさせるためには、外壁塗装や屋根塗装などの定期的なメンテナンスやリフォームを行う必要があります。
外壁塗装や屋根塗装を定期的に点検・補修、リフォームなどを行うことによって、防水性や低下した強度を蘇らせることができ、美しい外観も取り戻すことができます。
屋根塗装は3年から5年に一度の点検が必要と言われています。
塗装が落ちてしまうと防水効果が失われてしまい、雨水などが浸透して柱や梁を腐食させてしまいますので、定期的な点検と補修作業が必要です。

また、屋根塗装をする際には汚れやカビなどを徹底的に洗浄し、下地の調整を行ったうえで最適な塗装を施し、耐久性のある屋根にリフォームすると安心です。
最近では、塗料に赤外線を高反射・高放出させる特殊顔料が含まれたものもあり、遮熱効果も高くなってきます。
外壁塗装も10年ごとにメンテナンスの必要があると言われています。
日々のお手入れの際に外壁のチェックを行い、ひび割れや変色、さわって白いチョークのような粉が手につくようになったら劣化が進んでいますのでメンテナンスのタイミングです。
外壁塗装の際には、雨漏りなどの原因ともなるコーキング材の劣化も点検し、必要であれば水まわりなどのリフォームを行うことも住まいを長持ちさせるポイントです。

屋根塗装のアドバイス

工具

一戸建て住宅は、生活の基盤として十分な暮らしの自由度があります。
しかし、住人にとって果たすことが求められるのが、住宅建物へのメンテナンスです。
適切に住宅のリフォームなどのメンテナンスを行わなければ、住宅を何十年にも渡って長持ちさせることができません。
しかし、一般には住宅不動産の事情について知らない人は多いです。
そうした人の助けになってくれるのが、住宅コンサルタントの存在です。

住宅コンサルタントが、屋根塗装や外壁塗装のリフォームを行う際に、具体的な助言を与えてくれます。
屋根塗装は、建物の外観や防水性を保つための重要なものです。
屋根の塗料が剥がれていると、底から屋根材が劣化してさらには雨漏りなどの住宅トラブルを引き起こします。
また、外壁塗装も壁のヒビ割れなどの招く要因としてあります。
屋根塗装をどのように手配すれば、求めている住宅建物のメンテナンスリフォームができるのか、住宅コンサルタントは教えてくれます。
屋根塗装を怠れば、屋根の劣化は急激に進みます。
その重要性について住宅コンサルタントから情報が得られれば、正確な知識の元でリフォームの判断がつけられます。

屋根塗装を行うのに合わせて、同じく外壁塗装で外壁に対して塗装リフォームを行う事も方法です。
屋根塗装も外壁塗装もまとめてリフォームしてしまえば、リフォームのために必要な費用をできるだけ抑えて、住宅の各部の外観や機能性を復活させることに役立ちます。

アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク

カレンダー

August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031